不育症の治療 | 後藤レディースクリニック - 高槻市 茨木市 吹田市 不妊治療専門

診療について

ホーム > 不育症の治療

不育症の治療

1.内分泌代謝異常

それぞれのホルモン異常に対する内服薬などで治療します。

2.子宮の形の異常

開腹や内視鏡による手術によって子宮の形を整えます。

3.感染症

抗菌剤の内服をします。

4.抗リン脂質抗体症候群

  1. 低用量アスピリン療法
  2. へパリン療法

を行います。

5.自己抗体異常

  1. プレドニン内服療法
  2. 低用量アスピリン療法
  3. 柴苓湯(漢方)内服療法

などを行います。

6.同種免疫異常

  1. ピシバニールの注射
  2. 柴苓湯(漢方)内服治療

などを行います。

7.染色体異常

夫妻のどちらかに染色体の異常がある場合、残念ながら治す方法がありません。
しかし、多くの場合最終的には赤ちゃんを授かることが出来ますのでご相談ください。

ページトップへ

レスポンシブウェブデザイン