治療費用 | 後藤レディースクリニック - 高槻市 茨木市 吹田市 不妊治療専門

診療について

ホーム > 治療費用

(1)保険適用(3割負担)での生殖補助医療費用(2022年4月~)

  負担額(円)
人工授精   5,460
  負担額(円)
採卵準備 生殖補助医療管理料(1か月に1回) 750
抗ミュラー管ホルモン(AMH)(採卵の卵巣刺激方法決定のため) 1,800
*卵巣刺激の薬剤や採卵時の麻酔などは別途。
採卵 採卵術(採卵数0個の場合も請求) 9,600
+採卵により得られた卵子数により下記を加算
採卵数に応じて加算 採卵数 1個 7,200
採卵数 2~5個 10,800
採卵数 6~9個 16,500
採卵数 10個以上 21,600
体外受精 媒精費(精液調整費を含む) 12,600
顕微授精 顕微授精 施行費用(精液調整費を含む)
実施数に応じて請求 実施数 1個 14,400
実施数 2~5個 20,400
実施数 6~9個 30,000
実施数 10個以上 38,400
顕微授精の手技別加算 精巣精子(TESE精子)を使用した顕微授精の加算 15,000
カルシウムイオノフォア(顕微授精した卵子の受精を促す試薬) 3,000
スプリット
(体外受精と
顕微授精を
両方する方法)
媒精費(体外受精のみの場合の半額) 6,300
+顕微授精 施行費用(顕微授精の個数により媒精費に加算)
実施数に応じて加算 実施数 1個 14,400
実施数 2~5個 20,400
実施数 6~9個 30,000
実施数 10個以上 38,400
培養 受精~初期胚(初期胚作成のために培養・管理した個数ごと)
培養数に応じて請求 培養数 1個 13,500
培養数 2~5個 18,000
培養数 6~9個 25,200
培養数 10個以上 31,500
培養 初期胚~胚盤胞(胚盤胞作成のために培養・管理した個数ごと)
培養数に応じて請求 培養数 1個 4,500
培養数 2~5個 6,000
培養数 6~9個 7,500
培養数 10個以上 9,000
胚移植 新鮮胚移植費(凍結せずに胚移植をすること) 22,500
凍結・融解胚移植(凍結胚の融解費用を含みます。) 36,000
アシステッドハッチング(補助孵化療法) 3,000
高濃度ヒアルロン酸含有培養液(着床率を上げる培養液)使用 3,000
胚凍結 胚凍結保存管理料
凍結数に応じて請求 凍結数 1個 15,500
凍結数 2~5個 21,000
凍結数 6~9個 30,600
凍結数 10個以上 39,000
凍結管理 胚凍結保存維持管理料(1年ごとに凍結保存の更新手続きが必要です) 10,500
*凍結開始から3年間(更新手続き2回分)は保険。
*凍結開始から4年以上保存する場合は自費です。
(注意)妊娠後は治療が終了したとみなし、凍結胚の更新は自費になります。
先進医療:自費診療ですが保険診療との併用が認められています
SEET 胚培養液を移植前に注入し妊娠率を高める技術 39,600
タイムラプス培養 高度な培養器での胚の培養 29,700
  • 保険対象:治療開始日の妻年齢が39歳以下の場合、胚移植6回まで保険。
  • 保険対象:治療開始日の妻年齢が40歳から42歳である場合、胚移植3回まで保険。
  • 胚移植回数が上限を超えていない場合であっても、年齢が制限を超えれば保険は使えず、自費での移植になります。
  • 採卵し胚移植を行うまでが1回の治療ですので、採卵回数ではなく、胚移植の回数でカウントされます。
  • 採卵しその周期で移植しなかった胚は、胚盤胞で凍結し次の胚移植に備えます。
  • 将来の治療のための胚凍結は保険対象外です。凍結胚を使い切らないまま次の採卵を希望される場合は自費となります。

(2)自費での生殖補助医療費用(当クリニックの価格は全て税込み表示です)

体外受精・胚移植(IVF-ET) 費用 (円)
採卵技術費用 採卵数 0個の場合 33,000
採卵数 1~3個の場合 99,000
採卵数 4個以上の場合 132,000
採卵時麻酔管理費用 痛み止めだけで採卵をする場合 110
局所麻酔で採卵をする場合 6,600~
13,200
全身麻酔で採卵をする場合(麻酔剤の種類によって異なる場合があります) 27,500
受精費用 精液調整費 27,500
媒精費 11,000
レスキューICSIをする場合
準備費用
(レスキューICSIにて受精0個の場合は準備費用のみ)
22,000
レスキューICSIをする場合
施行費用
33,000
受精成立費(受精卵が1個以上出来た場合に請求されます) 27,500
培養技術費用 初期胚までの培養のみの場合 22,000
初期胚~胚盤胞まで培養する場合(培養継続加算) 11,000
胚盤胞(桑実期胚)成立費(培養継続の結果、胚盤胞(桑実期胚)が1個以上出来た場合に請求されます) 44,000
胚移植費用 初期胚移植を行う場合 60,500
胚盤胞移植を行う場合 60,500
二段階胚移植の初期胚移植 60,500
二段階胚移植の胚盤胞移植 33,000
顕微授精・胚移植(ICSI-ET) 費用 (円)
採卵技術費用 採卵数 0個の場合 33,000
採卵数 1~3個の場合 99,000
採卵数 4個以上の場合 132,000
採卵時麻酔管理費用 痛み止めだけで採卵をする場合 110
局所麻酔で採卵をする場合 6,600~
13,200
全身麻酔で採卵をする場合(麻酔剤の種類によって異なる場合があります) 27,500
受精費用 精液調整費 27,500
顕微授精 準備費用(受精0個の場合は準備費用のみ) 22,000
+顕微授精 技術費(実施数1~5個の場合) 33,000
+顕微授精 技術費(実施数6~9個の場合) 66,000
+顕微授精 技術費(実施数10個以上の場合) 99,000
受精成立費(受精卵が1個以上出来た場合に請求されます) 27,500
培養技術費用 初期胚までの培養のみの場合 22,000
初期胚~胚盤胞まで培養する場合(培養継続加算) 11,000
胚盤胞(桑実期胚)成立費(培養継続の結果、胚盤胞(桑実期胚)が1個以上出来た場合に請求されます) 44,000
胚移植費用 初期胚移植を行う場合 60,500
胚盤胞移植を行う場合 60,500
二段階胚移植の初期胚移植 60,500
二段階胚移植の胚盤胞移植 33,000
スプリット受精
一部の卵子には体外受精、残りの卵子には顕微授精で受精を行う方法
費用 (円)
受精費用 受精費用以外の採卵・麻酔・培養・胚移植費用は体外受精および顕微授精と同額となります
精液調整費 27,500
媒精費+顕微授精 準備費用(ICSIにて受精卵0個の場合は準備費用のみ) 33,000
+顕微授精 技術費(実施数1~5個) 33,000
+顕微授精 技術費(実施卵数6~9個) 66,000
+顕微授精 技術費(実施卵数10個以上) 99,000
受精成立費(受精卵が1個以上出来た場合に請求されます) 27,500
精巣内精子による顕微授精(TESE-ICSI) 費用 (円)
TESE-ICSI 精巣内精子による顕微授精加算 55,000
精巣組織融解費用 11,000
胚凍結・融解 費用 (円)
胚凍結費用 卵子・胚凍結(クライオトップ3本まで) 44,000
4本目以降クライオトップ1本につき 11,000
胚融解費用    33,000
胚凍結保存更新料 凍結日ごとに1年間ずつ更新が必要です。(凍結日より5年間保存可能) 33,000
胚の再凍結費用 移植がキャンセルになった場合の再凍結 22,000
胚移植時における着床率向上の追加治療 費用 (円)
アシステッド
ハッチング
(補助孵化療法)
   27,500
高濃度
ヒアルロン酸含有
培養液
   11,000
ST 培養液注入費 5,500
SEET 胚培養液注入費 39,600
PGT-A
(着床前
胚染色体
異数性検査)
PGT-A 検査費 胚盤胞1個につき 99,000
PGT-SR 検査費(染色体構造異常)胚盤胞1個につき 101,200
凍結胚を使用したPGT-Aの場合 再凍結費 同一周期1回目 3本まで 33,000
同一周期1回目4本以上または同一周期2回目以降 1本につき 5,500
凍結胚を使用したPGT-A後の胚の再融解費 22,000
追加的に実施する場合がある培養方法 費用 (円)
タイムラプス培養 0~1日間培養 11,000
0~5(6)日間培養 29,700
精子凍結・融解 費用 (円)
精子凍結費用    33,000
精子融解費用    11,000
精子凍結保存更新料 凍結日ごとに1年間ずつ更新が必要です。(凍結日より5年間保存可能) 33,000
人工授精 費用 (円)
人工授精 精液検査費用含む 17,820
凍結保存精子による人工授精 精液検査費用含む 19,910

(2022年4月1日 改正)

  • 上記には再診料、エコー検査、ホルモン測定費用、薬剤費用(排卵誘発剤〈内服・注射〉、
    点鼻薬、ホルモン剤)などの費用は含まれていません。
  • 薬剤投与量や期間、ホルモン測定回数、ホルモン検査項目、エコー検査回数は個人差や
    治療内容(排卵誘発法など)によって異なってきます。
  • 休日採卵・移植の場合は、休日加算費用22,000円が別途必要です。
  • 費用は変更することがあります。

 

自費による生殖補助医療における治療費の例

  • 採卵周期においては、薬剤量・種類、採卵個数、凍結できる胚数などは個人差があり一人一人異なりますので、一例としてご参考にして下さい。

採卵し新鮮初期胚移植をした場合

  • 別途、再診料、薬剤料(排卵誘発剤、ホルモン剤、点鼻薬など)、ホルモン検査代、エコー代などがかかります。

【例1】

痛み止め座薬にて採卵し卵子2個を回収。
体外受精し1個受精。
初期胚1個を移植した場合。
費用 (円)
採卵時費用 痛み止めの座薬(1個) 110
採卵(卵子1~3個回収) 99,000
受精費用 精液調整 27,500
体外受精 11,000
受精成立 27,500
培養技術費用 受精成立~初期胚 培養 22,000
胚移植費用 初期胚移植 60,500
合計 247,610

採卵し新鮮胚移植を行い、余った胚を凍結した場合

  • 別途、再診料、薬剤料(排卵誘発剤、ホルモン剤、点鼻薬など)、ホルモン検査代、エコー代などがかかります。

【例2】

全身麻酔にて採卵、卵子7個回収。
体外受精を行い5個受精。
初期胚1個を胚移植。
余った胚を胚盤胞で2個凍結保存した場合。
費用 (円)
採卵・麻酔時費用 麻酔管理料 27,500
採卵料(4個以上) 132,000
受精費用 精液調整 27,500
体外受精・媒精 11,000
受精成立 27,500
培養技術費用 受精成立~初期胚 培養 22,000
初期胚~胚盤胞 培養 11,000
胚盤胞成立費(1個以上胚盤胞に成立した場合) 44,000
胚移植費用 初期胚移植 60,500
胚凍結費用 胚盤胞凍結 44,000
合計 407,000

【例3】

全身麻酔にて採卵、卵子8個回収。
顕微授精を5個行い4個受精。
初期胚1個を胚移植。
余った胚を胚盤胞で2個凍結保存した場合。
費用 (円)
採卵・麻酔時費用 麻酔管理料 27,500
採卵料(4個以上) 132,000
受精費用 精液調整 27,500
顕微授精(実施卵数1~5個) 55,000
受精成立 27,500
培養技術費用 受精成立~初期胚 培養 22,000
初期胚~胚盤胞 培養 11,000
胚盤胞成立費(1個以上胚盤胞に成立した場合) 44,000
胚移植費用 初期胚移植 60,500
胚凍結費用 胚盤胞凍結 44,000
合計 451,000

採卵し全ての胚を凍結した場合

  • 別途、再診料、薬剤料(排卵誘発剤、ホルモン剤、点鼻薬など)、ホルモン検査代、エコー代などがかかります。

【例4】

全身麻酔にて採卵し10個回収。
体外受精を行い8個受精。
初期胚1個と胚盤胞3個(Day5)を凍結保存した場合。
費用 (円)
採卵・麻酔時費用 麻酔管理料 27,500
採卵(卵子4個以上) 132,000
受精費用 精液調整 27,500
体外受精・媒精 11,000
受精成立 27,500
培養技術費用 受精成立~初期胚 培養 22,000
初期胚~胚盤胞 培養 11,000
胚盤胞成立費(1個以上胚盤胞に成立した場合) 44,000
胚凍結費用 初期胚凍結 44,000
胚盤胞凍結(クライオトップ3本まで) 44,000
合計 390,500

【例5】

全身麻酔にて採卵し12個回収。
顕微授精を11個行い9個受精。
初期胚2個とDay5胚盤胞4個を凍結保存した場合。
費用 (円)
採卵・麻酔時費用 麻酔管理料 27,500
採卵(卵子4個以上) 132,000
受精費用 精液調整 27,500
顕微授精(実施卵数10個以上) 121,000
受精成立 27,500
培養技術費用 受精成立~初期胚 培養 22,000
初期胚~胚盤胞 培養 11,000
胚盤胞成立費(1個以上胚盤胞に成立した場合) 44,000
胚凍結費用 初期胚凍結 44,000
胚盤胞凍結(3本まで) 44,000
胚盤胞凍結(クライオトップ1本追加) 11,000
合計 511,500

凍結した胚を融解して移植する時にかかる費用

【例6】

ホルモン補充周期にて、
凍結してある胚盤胞を1個融解し、移植した場合。
費用 (円)
薬剤/エコー/
ホルモン検査費用
   約60,000
胚融解費用 凍結胚盤胞の融解 33,000
胚移植費用 胚盤胞移植 60,500
合計 約153,500

【例7】

自然周期にて、
凍結してある胚盤胞を1個融解し移植した場合。
費用 (円)
薬剤/エコー/
ホルモン検査費用
   約40,000
胚融解費用 凍結胚盤胞の融解 33,000
胚移植費用 胚盤胞移植 60,500
合計 約133,500

ページトップへ

レスポンシブウェブデザイン