再生医療(PRP) | 後藤レディースクリニック - 高槻市 茨木市 吹田市 不妊治療専門

診療について

ホーム > 再生医療(PRP)

再生医療(PRP)

卵巣内の卵子数が少ない方・子宮内膜の薄い方へ

PRP(自己多血小板血漿)とは、患者さん自身の血液から高濃度の血小板血漿を作成し、子宮や卵巣へ注入する医療です。PRPは細胞の成長を促す豊富な成長因子を放出し、組織の修復、損傷部位の血管新生などを促すことが知られています。これまで、整形外科など多数の疾患で導入が試みられてきました(大リーガーの大谷翔平選手も肘の損傷時にこの治療を受けられました)。

近年、不妊治療領域においても子宮内膜の改善や卵巣機能の改善を促すことが報告されてきました。不妊症領域での治療の歴史はまだ十分ではありませんが、子宮内膜の薄い方や、着床しないことを繰り返す方、卵巣の働きが悪くAMH値が低値で、採卵しても採れる卵子数が少ない方に対してPRP治療の有用性が報告されています。

PRPは、第2種再生医療に該当し、国から認可された施設でのみ実施が可能です。
当院は認可施設ですので、詳しくは外来にて担当医におたずね下さい。

ページトップへ

レスポンシブウェブデザイン